一人一人がエンジンをつけて走る会社 YOSHIMOTO POLE RECRUITING 心躍る挑戦を、ともに。

「一人一人がエンジンをつけて走る」とは、
社員一人一人が自分の目標をもって主体的に挑戦していくこと。
そのスタンスが、会社を、世の中を、ユニークで素晴らしくしていきます。

“ものづくりを通じて、まちづくり、くにづくりに貢献したい!”
“自らの意思で勇敢に何事にも挑戦したい!”
当社事業に共感し、自主性とチャレンジ精神にあふれる皆さん、
ぜひ、私達と一緒に働きましょう!!

社会のインフラを支える
縁の下の力持ち

信号、標識、防災無線、道路照明、カメラ、電線…様々な機器や設備が私達の生活に存在し、日々の暮らしに寄り添っています。

一方、安全で快適な社会のインフラを構成するそれらがきちんと役割を果せるよう、しっかりと支える製品があります。それが、当社がつくる“ポール”です。

普段は意識されることは少ないかもしれませんが、ポールは、人々の暮らしを守る必要不可欠な製品であり、時には街の風景をつくるなど、私達にとって身近で大切なものなのです。

 

こんな製品を
製造しています

ヨシモトポールの製品は、実は皆さんが見たことのあるものばかり。街を歩けばどこでも目にすることができます。当社製品の多くは一品一様。自分の手掛けたポールが無事に設置された時、社会に貢献する姿を間近で見ることができた時は、素直に嬉しいものです。ポール製品を専門に、あらゆる分野に対応するメーカーはヨシモトポールだけ。なお、最終的なお客様は国や地方自治体といった官公庁が中心です。

信号柱
標識柱
照明柱
防災無線柱
カメラ柱
ETCガントリー
姫路駅北口整備
※照明柱、柵など
富山LRT整備
※架線柱、照明柱、多目的柱など
環状二号線新虎通り整備
※照明柱、信号柱、標識柱など
避難誘導システム
 

創り拓く技術の
ヨシモトポール

より安全に、より高機能に、より美しく…皆様の生活に貢献できる良い品を絶えず目指して、当社は創業以来、常に新技術の開発に取り組んでいます。これまでにない素材、構造、加工、塗装などを模索し、時代のニーズに合った技術を開発し、提案する。他社には真似できない独自の技術力は、ヨシモトポールの大きな強みです。

「安全・安心」「高機能」「高強度」「高耐食」「施工性」「美観」「環境」…ポールに対する要望は多岐にわたります。プロジェクト毎に全く異なる要求を実現させるため、調査、設計、試作、試験…つまり、地道に汗を流すことを繰り返してきました。

こうした試行錯誤の中から確立した技術は、ひとつの案件に留まらず、様々な分野の製品に広く取り入れられ、他社製品との差別化や顧客の課題解決に貢献しています。
“技術力”=“時代に対応できる財産”です。

 
 

わたしたちの想い

楽しい職場・環境と
自分の考えで動ける人・組織をつくる

社会人は生涯の多くを会社で過ごします。
だからこそ、会社生活を楽しく生きがいのあるものにしたいと考えます。

若い社員にはヨシモトポールをもっとユニークな素晴らしい
会社にすることを望む

失敗を恐れずに「空振り三振OK!見逃し三振NG!」の精神で、
目標に向かって挑戦してもらいたいと思います。

良い仕事をすることが最大の社会貢献である

「美しいくにづくりに良い品を」この言葉を企業理念とし、
より良い製品・サービスを提供することを目指します。

 

求める姿勢

下記の指針を大切に仕事に取り組めること


求める素養


チャレンジ精神

「心躍る挑戦を、ともに。」この言葉はヨシモトポールグループのスローガンです。指示を待つ歯車ではなく、自分で考えて動く、主体性を持った方を歓迎します。失敗を恐れず、様々なことにチャレンジしてください。


自らの足りない所を知り、素直に受け入れる柔軟性

誰しも最初から完璧な仕事ができるわけではありません。ましてやポールに関する知識を持って入社する人はごく少数です。足りない所を素直に、積極的に学び、最終的にはアウトプットをすることが大切です。


しっかりとした人間関係を構築できる対人関係力

当社の仕事は、一人では完結しません。官公庁・民間のお客様、協力会社、社内等でのやり取りは日常茶飯事です。コミュニケーションをしっかりとり、信頼関係を構築することが全ての基本になります。

 
 
 

採用メッセージ

人、つまり社員は材料ではなく財産である。
だからこそ私達は、人材ではなく“人財”という言葉を使用しています。

歴史、文化、科学、社会、企業、家族…全ては人によって創られ、構成されています。
ゴーイングコンサーンにおいても、最も大切な存在はやはり人です。
人が人を憂い、想い、そして人の為に生きる。それが仕事の原点であると考えます。

私達は、人を大切にした選考を実施します。
学歴や筆記試験、適性検査を重視して選考をすることはありません。
ましてや、AIを用いて判断を行うこともしません。

当社が集団面接を行わない理由もそれに有ります。
応募者一人一人の想い、情熱、人生を伺い、マッチングや可能性を追求するには、
効率性は高くありませんが、個別面接がマストであると考えます。

面接時にはぜひ、私達に対して選考を行う気持ちで臨んでください。
一方的な選考はアンフェアであり、結果、両者が不幸になる可能性が高まります。
人が互いに認め合うことができる、それこそがマッチングです。

皆さんの積極的なチャレンジをお待ちしています。
また、当社社員で有る無しに関わらず、多くの方々と一緒に、
私達は良い仕事をしていきたいと切に想っています。

心躍る挑戦を、ともに。

 
 

ヨシモトポールの魅力は働きやすい環境にもあります。人を大切にする企業風土、キャリアや職責に応じた教育研修制度、本社は有楽町駅前の好立地…若手からベテランまで個性豊かな社員がアクティブに活躍しています!
創業半世紀以上の歴史の中で派生したグループ企業は、多種多様な事業をユニークに展開。異業種ネットワークによる交流、刺激、シナジーも魅力です!

 
 
様々な職種で働く先輩たちに
「入社を決めた理由」「現在の職務」「仕事のやりがい」「+α」を聞きました。
 
営業職
第二営業開発部

インタビューを読む!


入社を決めた理由

理由としては、ものづくりや社会インフラに対して興味関心が有ったので、当社の事業内容がそれと重なったというところですね。ちなみに、就職活動をしている時に「常日頃見かける信号機や街路灯を支える柱は、一体どこでどのように造られているのだろう?」と、ふと疑問に思って、業界研究を通じて出会えた会社がヨシモトポールでした。幸いにも当社が採用活動を行っているタイミングであり、縁あって入社を致しました。


現在の職務

私は建設コンサルタントへの提案営業を中心に活動しています。もう少しお話しすると、街や道路などの設計段階にて当社オリジナルの技術・製品を採用して頂くことになりますね。
当社営業マン共通の仕事・使命としては、発注者様をはじめとするお客様の意向を汲んだ企画・提案~工場との製造工程や納期に関する調整~お客様と共に製品確認検査の立会い…つまり、「最終的に無事に製品が設置されるまでの全てのプロセスに、会社の顔として責任を持って携わる!」それに尽きると思います。


仕事のやりがい

街や道路などの工事計画が発表された段階、つまりゼロの状態から整備が完了するまで…といった、その場所の一連の変遷を直接肌で感じることができること。これは営業職の大きな醍醐味です!
それと、先程も少しお話しましたけど、営業マンはお客様と当社技術・製造、両者の間に最前線で立つコーディネーターでもあります。内外の多くの協力を得て製品が完成、設置された時の達成感は、やっぱり営業ならではのものが有ると思いますね!


+α…アフターファイブの過ごし方

会社の仲間や学生時代の友人と飲み(食事)に出かけることかな。
最近では、会社のある有楽町エリアを飛び出して、美味しい料理を追い求めて都内各地へ足を運んでいます。


閉じる×

 
製造職
鉄工部 鉄工課

インタビューを読む!


入社を決めた理由

高校、大学では電気、機械に関する勉強をずっとしていたので、将来はそれを活かせるメーカーで働きたいと元々思っていました。学生時代にテーパーポールの曲げに関する共同研究を行ったことが当社を知った最初です。就職活動の時期になると、勉強してきたことが活かせるのではと思い、選考を受けてみました。
私はとにかく、“ものづくり”の現場に深く携わりたいと思っていましたので、その想いを面接時に率直に話しました。 ヨシモトポールがそれをしっかりと受けとめてくれたことが、入社を決意した決め手ですね!


現在の職務

現在、私は群馬工場の生産部門のスタッフとして五つの加工ラインを担当しています。 各ラインの製造工程計画・管理・調整を始め、 部材の搬入段取り、消耗品の購入、追加工などを行っています。
私の担当するラインでは照明柱、信号柱、標識柱、ETCガントリーなど、様々な種類の製品を数多く製造しています。納期を守ること、加工ミスを起こさないことはもちろん、高精度で美観にも拘る製造を常に心がけています。


仕事のやりがい

自分の考えた製造工程が計画通り且つ円滑に実施された時、お客様や営業マンからの緊急の要望に応え、感謝の言葉をもらった時、追加工が以前よりもスムーズに、きれいに出来た時…ものづくりに身近に携わりながら成長していけることにやりがいを感じますね。
ヨシモトポールは自分のやる気次第で様々なことに挑戦が出来る社風がありますので、これからも“ものづくり”への想いを大切にしながら、もっと色々な経験・知識・スキルを身に付けて、新たなやりがいを見つけていきたいと思っています!


+α…趣味

水泳です。小3~高校を卒業するまでは、ずっとやっていたんですけどね。2年ぐらい前から再開しました。10年くらいブランクがあったので、思っていた以上に泳げなくて…再開当初は少しショックでしたね(笑)
ですけど群馬県内の大会にも参加するようになって、今では色々な種目に挑戦しています。大会によっては金メダルや銀メダルも取れるようになりました!


閉じる×

 
設計職
設計部 設計1課

インタビューを読む!


入社を決めた理由

就活をしている時、研究室の先生から幾つか会社を教えてもらい、その内の一社がヨシモトポールでした。私は大学、大学院では材料工学の勉強をしてたんですけど…材料って、ものづくりの基盤であり、必要不可欠な要素なんですよ。一方、ポールも照明、信号、標識、カメラ等、様々なものを支える為に、やはり必要不可欠な製品なんです。なんだか無理矢理な考えなのですけど、当社のことを調べているうちに、そんな材料とポールの共通項を感じるようになって(笑)…それから当社に惹かれるようになりましたね。あとは、他社とは異なり様々なポールを扱うメーカーであることも魅力に思いました。


現在の職務

図面と強度計算書の作成がメインになります。現在は照明柱を中心に、様々なポールの設計に携わっています。今は外に出る機会は多くありませんが、これから段々と営業マンと客先に同行したり、現場に行くチャンスが増えると思っています。少し不安も有りますが今後の大きな楽しみですね!
なお、図面については、お客様から製品承認を得る為の「承認図」を主に作成しています。


仕事のやりがい

自分が設計したポールが形となり、無事に設置された時は嬉しいものです!
入社1年目の時に、初めて特注品となる照明柱を設計したことは本当に良く覚えています。現地の色々な制約をクリアして設計する必要があり、担当営業マンと二人で綿密な現場調査を行い、先輩から様々な助言を頂いて、無事にお客様のご要望を満たす製品を設計することができました。その時は、とりわけ達成感が有りましたね!


+α…休日の過ごし方

読書、ゲーム、懸賞応募などに時間を使ったり…後は、友人や先輩と一緒にアニメや声優のライブに行ったりすることもありますね。どちらかというと平日とのメリハリをつける形で、趣味を大切にして休日を過ごしています。


閉じる×

 
開発職
技術開発部 テクニカル商品課

インタビューを読む!


入社を決めた理由

学生時代、ポールの地際部が急速に腐食し、倒壊事故に繋がる問題から、地際腐食を非破壊検査で見つけ出す研究をしていました。その際、共同研究として参加していたのがヨシモトポールでした。
当初は聞いたことのない名前でしたが、意識して回りを見渡してみると近くの道路や交差点、更には実家の庭にまでヨシモトポールの名前を見つけ、これも何かの縁と思い、入社を志望しました。


現在の職務

腐食検査の研究は、立場が変わった今でも参加させて頂いています。
他には、柱の梁に積もった雪が塊になる問題で北海道に行ったり、海風でポールの劣化が加速する問題で九州に行ったりと、色々な経験を積ませてもらっています。 また、技術開発部では新製品の曲げや引張などの強度試験、使用する塗料の物性測定なども行っています。


仕事のやりがい

これはどこの部署でも同じかもしれませんが、自分が携わった製品が世に出たときが、一番うれしいですね。技術開発部は実際に製品を作る現場から一歩離れた立場ですが、その気持ちは変わりません。
技術のコンセプトから考え、様々な問題を乗り越えて、世に出た製品が狙い通りの性能を発揮してくれたときは、頑張った甲斐があったなと思えます。


+α…座右の銘

「転んだ人を笑ってはいけない。彼は歩こうとしたのだ。」
自分や周囲の人の挑戦の心を奨励し、抑圧してしまわないように、心に留めている言葉です。


閉じる×

 
ご興味を持っていただけましたか?それではさっそく、ENTRY!!


※中途採用は
 
現在募集しておりません